top of page

言い過ぎ、教え過ぎ、与え過ぎは指導者のエゴです

更新日:2023年11月24日

 言い過ぎは自ら考えようとしない子を生み出し、教え過ぎは「ああでもない、こうでもない」と試行錯誤しようとしない子を生み出し、与え過ぎは自ら行動しようしない子を生み出します。


 しかし、既存の多くの塾のシステムは、子どもを塾に依存させることでそのシステムを保っています。そうでないと塾の経営の根幹にかかわるからです。子どもをスポイルし、高校に合格させることだけ、その先のことは知りませんという態度を本当は隠し持っています。スポイルされた状態で高校に進学した子どもがどうなるかは火を見るよりも明らかです。


 サンカントサンクは、そんな従来の塾とは一線を画し、指導者側のエゴを排除しています。




息子が5歳の時に描いた代表武井の似顔絵



サンカントサンク公式LINE友だち登録はこちら






Comments


bottom of page